レーザー脱毛

レーザー脱毛

レーザー脱毛について

 

脱毛方法として、とても一般的になっているレーザー脱毛についてお話します。
ほとんどの脱毛サロンや医療機関がレーザー脱毛を用いている為、今ではレーザー脱毛は一番知られている脱毛方法と言えるでしょう。
レーザー脱毛は、黒や茶色の部分に反応する波長のレーザーで、まさにムダ毛である黒い毛に吸収されます。
レーザーが照射されると毛と通じて毛根にまでダメージが行きます。
それを数回繰り返す事によって、毛根が焼かれて毛が生えてこなくなるのです。
とても理想的な方法なのですが、いくつか難点もあります。

 

レーザー脱毛は、1度で完了することができません。
レーザーは、毛根に直接働きかける分けではなく、今生えている毛を通じて毛根にダメージを与えます。
つまり、レーザーを照射したときに毛が生えていなければ意味がないのです。
その為、毛の生え変わる毛周期に合わせて何度も照射していく必要があります。
また、レーザーを照射できる範囲も約1cuと狭く、照射面が円形の為、どうしても照射できない部分も出てきてしまいます。
その為、エステティシャンの技術も重要になります。
レーザー脱毛をする場合は、根気よく何度も通い、最後までやりきる事が大切です。

 

1度照射すれば毛根へのダメージは大きく、次生えてくる毛は黒くて強いものではなく、産毛のような柔らかい毛になります。
毛の薄い方ですと、1回の照射でほとんど気にならなくなったという方もいらっしゃいます。
ただ、毛には毛周期があるため、一定の時期を過ぎると新たに毛が生えてきます。
生えてきた時にまたレーザーを照射して、毛根にダメージを与えてください。

 

レーザー脱毛は、2年間で6回完了などのコース設定になっています。
毛周期に合わせて毛根がなくなるまで通う事になりますので、必ず最後まで通いきってください。

手の指の脱毛

手の指の脱毛

 

手の指も、意外と気になってしまう場所の一つです。
自分からも常に見えるところにあるため、気が付くといつの間にか伸びていたりします。
また、自分からも見えやすいところですが、他人からもよく目がいく部分なので、外国では指の毛の処理は身だしなみの一つとして考えられているようです。
女性だけに留まらず、男性も手の指の毛の処理は定期的に行っています。
最近、日本の女性の間でもネイルが流行っていて、多くの人がキレイに手入れをされていますが、せっかくのネイルも指に毛が生えていたら台無しです。
また、指輪をされている方は、指輪の隙間から毛が見えてしまうのも悲しいですよね。

 

手の指の毛は、目で見える部分だけに自己処理もそんなに難しい事ではないのですが、カミソリを使うととても切れやすい場所でもあります。
また、太く濃い毛よりも薄い産毛のような毛が生えやすい場所なので、毛抜きで抜くのも一苦労です。
さらに、カミソリや毛抜きを使い続けると、埋没毛にもなりやすい場所と言われています。
毛穴に刺激を与えすぎると、そこに色素が沈着してシミのように見えてしまったりもします。
カミソリの刃や、毛抜きで抜くことによりかぶれを起こしやすい場所でもあるので注意が必要です。

 

脱毛サロンやクリニックでは、指の毛は、どこか他の場所とパックになっていたり他の場所と組み合わせて脱毛をする場合が多いです。
面積が狭く、毛の生える周期も割と長い場所ですので、他の場所と組み合わせて、他の場所の処理をしていく過程で指の処理もしていくような形をとっています。
指の脱毛を考える場合は、予めサロンへ問合せをして、料金体系などを詳しく聞いておくと良いでしょう。

 

指の脱毛を行うと、何も気にせずに手を使う事ができます。
はっと気づいた時に、指の毛が気になってデートに集中できないなんてこともありません。
指の毛までしっかり手入れして、抜かりのない女性を目指しましょう。